旅とカメラと、時々、マイル

京都在住大学院生の旅行と写真の記録です。

【資格】日商簿記受けました!

ご無沙汰してます、マロンです!

前回から約2か月ぶりの報告です。

新社会人なのですが、働きながらの記事作成の厳しさをひしひしと感じているところです。本当皆さん凄すぎます。

 

で、今回はタイトルにもあるように日商簿記の受験結果を報告します!

www.tabitocameratomile.com

 前回、簿記3級を受験する宣言をしましたが、受験までの勉強期間は1カ月程度しかなく、久しぶりに必死に勉強しました(笑)

試験は6月11日で合格発表はオンラインで6月20日でした。まずはその結果についてお伝えします!

広告

 

 

受験結果は?

結論から言いますと、無事合格することができました!!

いや~正直手ごたえからして落ちたかと思ってましたが、よかったです。

 

使用した参考書・勉強法は?

次に使用した参考書と勉強法についてお伝えしたいと思います。

使用した参考書については、私が理系出身で会計に関する予備知識が皆無であることから、前回の記事でも載せましたが、超基本的な内容のこちら

 

最初はこの参考書を徹底的に繰り返し読めば、試験でもある程度できるだろうと思っていましたが、全然不十分です!まず問題数が圧倒的に足りません!理解はできても試験問題を解答できるレベルには達しないと思います。

広告

 

 

そこで、上の参考書と併用して下の過去問・予想問題集を使いました。

 

過去問と予想問題を繰り返し解くことで、ようやく合格レベルに達すると思ってください。

また、簿記3級を受験して感じたことは、短期間でギュッと集中的に勉強した方が効率良いということです。というのも、細かい内容が多くありますので、それを長期間記憶するのは中々しんどいです(毎日仕事で実際に簿記の内容に触れるというなら話は別ですが)。ですので短期間集中型でいきましょう!

 

ではでは!

資格の勉強だけでなく、もっと記事の頻度高められるよう頑張ります!

【資格】日商簿記受けます!

こんばんは、まろんです。

4月から新社会人の仲間入りしてます。時間が全然ありません。

社会人つらいです(笑)。

 

今回は【資格】についてです。

www.tabitocameratomile.com

 でも言いましたが、今年は個人的に資格取得に力を入れたいと思います。過去記事では日商簿記2級の取得を掲げましたが、バリバリの理系出身で経理の知識なんて皆無ですので、まずは3級から受験します(笑)。

てか、そもそも日商簿記って?という状態なので少し調べてみました。

広告

 

簿記とは?

簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。

簿記 簿記とは | 商工会議所の検定試験から引用) 

 だそうです。要するに経営状況を知るための基礎的な資格とでもいえますでしょうか。

ところで、なんで理系の私がこの資格の取得をする流れになったかといいますと、もちろん会社から強制されているからです(笑)。この点からも社会人の基礎的な能力として簿記が求められているといえると思います。

 

難易度は?

試験の難易度はどの程度でしょうか?

前回の合格率は次の通りです。

  • 1級 (H28.11.20):9.3%
  • 2級 (H29.2.26):25%
  • 3級 (H29.2.26):47.4%

3級は半数近くの方が合格するみたいです。

なんとかいけそうな気がします(笑)。

 

勉強方法は?

簿記3級は一年に3回実施されています。次の試験が6月11日ですので1カ月程度です。そうなんです、時間ありません(笑)。

ですので1冊の参考書を徹底的にやりつくす戦法でいきたいと思います。

ちなみに使用参考書はコレ。

 

試験結果と参考書の感想は受験後に述べたいと思います。

ではでは! 

【ロンドン】③ロンドン市内を自転車で散策!

ロンドン市内の移動には自転車も便利!

こんにちは、まろんです。

 

 

イギリスの朝食に衝撃を受けた後、ロンドン市内を散策することにしました。

時間もあったので特に目的もなくぶらぶらしていると、こんなものを発見!

f:id:ky-yutaka:20170317111155j:plain

そう、レンタサイクルです!

先日、ロンドン市内の移動は地下鉄が便利(【ロンドン】①ロンドンに上陸! - 旅とカメラと、時々、マイル)といいましたが、自転車も便利です!

街中には非常に多くのレンタサイクルがあり、現地の方でもレンタサイクルを利用している方が多いです。

このレンタサイクルの使用方法は駐輪場の横に精算機がありますので、そこで料金(24時間利用で2ユーロです。安い!)を前払いします。もちろんクレジットカードも使えます!

そうすると5桁の数字が記載された用紙が出てきますので、その番号を自転車の前輪を止めている鍵の部分に入力するとOKです。

広告

 

レンタサイクルでウェストミンスター寺院へ!

レンタサイクルに跨ってウェストミンスター寺院へ向かうことに!

ウェストミンスター寺院

  • 開館時間:月~土(9:30~15:30)※季節によってが異なり、行事などにより閉館することも多いので詳細を要確認(Westminster Abbey » ご案内
  • 入館料:20ユーロ(学割あり)、日本語オーディオガイド無料

f:id:ky-yutaka:20170317114111j:plain

入り口はこちら、めっちゃ並んでます。大人気です。

30分近くは並びましたが、見終わった際には列はほとんどなくなっていたので、混みやすい時間があるのかもしれません。

こちらは、ウェストミンスター寺院の隣に建つセント・マーガレット教会。

f:id:ky-yutaka:20170317114128j:plain

下の写真のウェストミンスター寺院の向きの方が、よく知られているでしょうか。

f:id:ky-yutaka:20170317114133j:plain

ウェストミンスター寺院は外から見る姿も素晴らしいですが、内部の造りも非常に凝っていました。中には王室の墓所がひしめき合い、詩人のコーナー、科学者(あのニュートンも!)たちの墓が集められたコーナーがあります。

 

ウェストミンスター寺院!非常に楽しめたのですが、天気だけが残念でした!涙

広告

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【ロンドン】②イギリス料理デビュー!

こんばんは、まろんです。

 

www.tabitocameratomile.com

 

 ロンドンに上陸し、荷物をホステルに預けた私たちは時間も午前7時半と朝食どきでしたので、ホステル周辺の散歩がてら、カフェに朝食を食べに行きました。 

入店したカフェがこちら。

 

www.tripadvisor.jp

 

「Half Cup」です。こちらに決めた理由は、現地の人が多く利用していたから(現地の人が選ぶなら美味しいお店なはず!)、そして雰囲気もよさそうだったからです。

深い理由はありません(笑)。

外観と店内の様子はこんな感じ。おしゃれです。

f:id:ky-yutaka:20170316190852j:plain

f:id:ky-yutaka:20170316190859j:plain

写真には人影がありませんが、これは開店直後なためで、レジには多くの人が並んでいました。

 

広告

 

 

日本では食べないようなものを食べようと思い、メニューを眺めます。

そして、メニューの中で気になって注文したのがコレ!

「ポリッジ!(Porridge)」

f:id:ky-yutaka:20170316191239j:plain

店員さんに持ってきていただいた時の印象は、なんだこれはです。。

とりあえず食べてみました。。が、食感は「グラノーラに牛乳をかけてぐちゃぐちゃになるまで時間がたったモノ」といった感じです。そして、味は上にのっているベリージャムの味だけ。。。

正直美味しくない。。。味がない。。。

 

改めてイギリスの食べ物ヤバい。。そう思いました(笑)

結局食べきることすらできず(涙)

 

後で調べてみましたが、

スコットランドで好んで食べられている朝食にポリッジ(porridge)と呼ばれるオーツ麦(oat)のおかゆがあります。オーツ麦は、日本では、オート麦、カラス麦、燕麦とか、オートミールとも呼ばれています。

(中略)

スコットランドびいきだったビクトリア女王の好物でもあったのだそうです。

(引用:スコットランドの朝食ポリッジ イギリス/グラスゴー特派員ブログ | 地球の歩き方より)

 だそうです。ビクトリア女王の好物だったことにには驚きです。しかも、そのヘルシーさから今イギリスで人気上昇中だとか。

私としては、味付けだけはどうにかしてほしいです(ポリッジ以外の食事全般でもい言えることでした)。

ただ、海外の食べたことのない料理が好きな方にはおススメです(びっくりされると思います)。

 

以上、イギリス料理デビュー?でした!

更なるイギリス料理、乞うご期待!

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【ロンドン】①ロンドンに上陸!

こんにちは、まろんです。

ヨーロッパ周遊(というほど広く回ってないですが)の旅!

 

まずはロンドンから!

ロンドン・ヒースロー空港に午前5時に到着のフライトだったので、初日から(朝早い分ふつうの日よりも)満喫する気満々でした!(笑)

 

広告 

 

ヒースロー空港からロンドン市内へ

ヒースロー空港からロンドン市内への移動手段は鉄道・バス・タクシーがあり、中でも鉄道はヒースロー・エクスプレス、ヒースロー・コネクト、地下鉄ピカデリーラインの3つがあります。この順番に早くロンドン市内に到着します。当然値段もこの順番です。

それぞれ経由駅や行き先が異なるので、自分に合った路線を選びます。

ヒースロー空港内ではこのヒースロー・エクスプレスの広告?が数多くありました。

f:id:ky-yutaka:20170315163736j:plain

私は早朝到着ということで時間に余裕はありますが、少しでも節約したい、そして目的地(宿の場所)が地下鉄ピカデリーラインのラッセル・スクエアですので、ここは地下鉄ピカデリーラインでロンドン市内へ。

地下鉄でロンドン市内へはおよそ1時間程度です。

地下鉄はオイスター(oyster)が便利!

ロンドン市内の観光には地下鉄が非常に便利です。鉄道発祥の国だからでしょうか、ロンドン中心部では多くの路線が2~5分間隔で次から次へと列車が来ていました。

この地下鉄の利用に便利なのがこれ、

f:id:ky-yutaka:20170315164547j:plain

オイスター(oyster)です。オイスターはプリペイド式のICカードです。

4日滞在のロンドンで30ユーロ分のオイスターを購入(デポジットでさらに5ユーロ支払います。デポジットは返却可)。結果的に、4日間の終わりには残高1.5ユーロとなっており、ちょうどいい感じでした。

ただし、オイスターの他にもトラベルカードという乗り放題パスもあるので、しっかり計画を立てて利用する額が決まっている方は、よく検討した方がいいかもしれません。

 広告

 

ロンドン市内のホステルに到着!

ヒースロー空港から1時間ほどで、ロンドンで4泊する宿の最寄駅ラッセル・スクエア到着です。

画像中の赤丸に青線が地下鉄のマークなのですが、そこにUNDERGROUNDと書いてあります。ロンドンでは地下鉄はMETROやSUBWAYではなくUNDERGROUNDです(理由はわかりません(笑)。イギリス英語とアメリカ英語の違いでしょうか?)。

f:id:ky-yutaka:20170315170023j:plain

このラッセル・スクエアから徒歩約5分でロンドンの宿ジェネレーターホステルロンドンに到着です。もちろん学生なのでホテルには宿泊する金銭的余裕はありません涙

www.tripadvisor.jp 

場所は、大英博物館とハリポタにも登場したキングス・クロス駅の間で、とても便利なところにあります。

ホステルについたのが午前7時過ぎくらい、荷物を預け(残念ながらフロントでは預かってもらえず、ホステル内の有料のコインロッカーを使いました。)、朝ごはんへ!

 

イギリスの食事は美味しくないといわれますが、いきなりその洗礼を受けることに(笑)

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【ヨーロッパ】帰国しました。

ご無沙汰してます!まろんです。

2月26日~3月14日までの間、ヨーロッパを

ロンドン→パリ→ブリュッセル→アムステルダム

の順番で周遊し、本日帰国しました!

 

広告 

 

 

今回の旅は本当にハプニングだらけでした。。。

特に、ブリュッセルでは盗難に遭ってしまいました。。。

多くのハプニングと長時間のフライト(香港経由でおよそ15~18時間程度)で疲弊しきっています。(笑)

 

今回の旅で訪れたおすすめ・必見のスポットや注意点、そしてハプニングとその対処(現在進行中)について順に紹介したいと思います。

 

ではでは!

最後にロンドンでの一枚、タワーブリッジです。

f:id:ky-yutaka:20170314223950j:plain

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【ヨーロッパ】映画でロンドン予習

こんにちは、まろんです。

 

今回、ヨーロッパには初上陸ということで少しばかり予習していこうかなと思います。

www.tabitocameratomile.com

 

まずはロンドンを予習します、映画で(笑)。

その映画は「ハリーポッター」です。

ロンドンの様々な場所が映画の舞台となっています。

実はハリーポッター、賢者の石しか見たことない初心者です(笑)。昨日から見始めて現在「不死鳥の騎士団」まで見終わりました!あと3つ、長い道のりです。

が!やはり面白いです!もっと早く見ておけばよかった。。。

 

見終わったら、今度はシャーロック・ホームズでもみようかな。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村